心配している女性たち
公開履歴
緑のカプセルと葉

婦人科へ行ってピルを処方してもらっていますか。
処方されてはいないけれど、興味がある人は多いのかもしれません。
婦人科が近くになかったり、忙しかったり費用がかかるなどの理由でためらっているのならば、ネット通販を利用しましょう。
海外では市販されているので購入できます。
まとめ買いすればより安く手に入るのでまとめ買いが良いです。
毎日のように服用するでしょうから、たくさん買っても飲み切ってしまうのでたくさん買ってみてください。

ピルをネット通販するメリットとは

これからピルをネット通販で購入する場合、どのようなメリットがあるでしょうか。
やはり、婦人科を受診しなくて良いことはとても大きいです。
病院に行くだけでも大変な人もいますし、病院は診察料がかかりますので、意外と高く付きます。
受診するたびに診察料が取られるのは痛いのではないでしょうか。
それとは別に薬代が必要なので、出費が多いです。

ネット通販を利用すれば、誰にも知られることもありません。
誰かにピルを使っていることを知られたくない人にも良い方法です。

ピルのジェネリック医薬品まで取り扱っているので、とても安いです。
先進薬であっても十分安いのに、ジェネリック医薬品ならばより一層安くなるのでかなり節約できます。

どのピルのジェネリック医薬品かまでは普通は知らないでしょう。
先進薬の名前も書いてあることが多いので安心して購入できます。
すでに病院で処方されており、同じピルを使いたいのならば全く同じでも良いです。
もっと安い方が良いと思ったらジェネリック医薬品を選んでみてください。

まとめ買いすると大抵の場合はいくらか割り引かれます。
種類にもよりますが、毎日服用する場合はすぐになくなってしまうので、まとめ買いした方が良いです。
海外から送られる分、注文してから届くまで多少時間がかかります。
切らしてしまわないようにするためにも、多めに買うと良いでしょう。

たくさん通販サイトを利用するとメリットがあります。
病院で処方してもらうと安全ですが、手間もかかりますし、お金もかかるので通販も利用しませんか。
もちろん、いつ注文しても構わないので、夜中でも早朝でも注文できます。
忙しい女性にとってはとてもありがたいことですから、注文してみませんか。

ピルを通販で買う時のポイント

初めてピルを通販で購入する時は、どこのサイトで購入するかが最も重要です。
信頼できるサイトで購入しないと偽物が販売されている可能性があるからです。
世界的に見ても人気がある医薬品なので、偽物がある可能性は十分あります。
本物でないと何が入っているかはわかりません。
安全性も確保されていないので、信頼できるサイトを探してください。

また、通販する場合は個人輸入という方法になりますが、海外で市販されているものを日本人が使っても大丈夫か不安に思いませんか。
特に問題がないはずですが、不安になっているのならば、レビューを確認すると良いかもしれません。
日本人が購入して、実際に服用してどうだったのかを知ることができます。

大抵の場合はレビューが書いてあります。
ジェネリック医薬品にもレビューが書いてあるでしょうから、内容を確認しましょう。

一番良い方法は、一度病院で処方してもらってから、同じかジェネリック医薬品を購入すると安心です。
自分に合っていると医師が判断していますので安全に服用できるからです。
しかも、一度は服用したことがあり問題がないことがわかるので、はじめは病院に行った方が良いです。

いくつもポイントがありますので、これらを守って利用しましょう。
どれも大事なことばかりだからです。
特に偽物を買わないように注意が必要です。
サイトをよく見ておかないと偽物を手にしてしまう可能性があるので、正規品かどうかを確かめた上で購入しなくてはなりません。

ピルはホルモン含有量によって種類が分かれる

ピルとはよく聞きますが、種類がたくさんあります。
女性ホルモンが入っている薬で、ホルモン含有量によって種類が違います。

最初はホルモンがたくさん入っている高用量ピルが登場しました。
高用量ピルを使った女性が副作用が出てしまったためにより安全性の高いピルが開発されました。

次に登場したのは中用量ピルです。
高用量よりはホルモン含有量が少ないですが、中用量はまだまだたくさん入っています。
だから、多くの女性が使用した際に副作用が出てしまいました。
高用量も中用量もどちらも治療や避妊などに利用することはできますが、その後にまた新しいピルが登場しました。

今度は低用量ピルです。
かなりホルモン含有量が少なくなったので毎日服用して、徐々に女性ホルモンのバランスを変えられるようにしました。
ただし、それでも服用して最初の頃には体調を崩す恐れがあります。
副作用が出てもそのまま服用を続けると体調が良くなるでしょう。

一番新しいのは超低用量ピルです。
超低用量とあるように、低用量よりもホルモン含有量が少ないです。
低用量ピルで副作用が出た人はこちらを服用した方が良いです。
最初から超低用量を選択しても構いません。
副作用が最も出にくいので初めて服用するのならば一番良いかもしれません。

ホルモン含有量によって名前が違います。
効果の出方にも違いがあるので、全く使用したことがない人はどれが良いのかがよくわからないでしょう。
一般的には低用量か超低用量のどちらかが使われています。
毎日服用しますが、ゆるやかにホルモンバランスを改善するために、副作用が出にくいからです。
それだけ体への負担が小さくて済むので、今ではこの二つが病院でもよく処方されています。

ホルモン量が少ないピルから試してみる

病院で処方してもらってからの方が安全ですが、忙しかったり節約したいと思っているのならば通販サイトを利用してみてください。
それで体調が改善されるのならば注文した方が良いです。

全く初めて利用する場合はホルモン量が少ないピルから試してください。
超低用量ピルが良いのではないでしょうか。
低用量と迷うかもしれませんが、医師が処方したわけではないので、最もホルモン含有量が少ない超低用量ピルならば安心できます。

通販サイトを見るとどれが超低用量ピルかがわかるはずなので、確認した上で購入してください。
ホルモンバランスをゆっくりと変えるので体への負担が小さいために、あまり副作用が出ないはずです。
個人差があるので超低用量ピルを服用しても副作用が出る可能性はあります。

今では高用量ピルを使用する人は少なくなりました。
体への負担があまりにも大きいので初めての人は避けてください。
中用量ピルであってもかなり体に負担がかかるために、自己判断ならば避けた方が安全です。
医師が判断する場合は医師の指導もあるので良いですが、そうではないのならばやめた方が良いでしょう。

女性は1ヶ月の間にホルモンバランスが大きく変わります。
低用量、超低用量ピルは1ヶ月間のホルモンの量を加減していつ飲むかまで考えて作られています。
服用方法を間違えないようにしなくてはなりません。

まだ日本では全般的にピルが市販されていません。
これは、体への負担が大きいからなので、そのことを頭に入れた上で通販サイトで購入してみませんか。
副作用のことまでわかっていれば、ホルモン含有量が少ないピルを服用してもあまり副作用が出なくて済むかもしれませんし、適切な対応ができるはずです。

記事一覧
生理痛緩和にピルを試してみませんか? 2019年12月17日

ピルというのは性行為をして子宮内に精子が入り込んだ場合に精子が子宮に着床するのを阻害する役割があり、その高い避妊率から受精することを望んでいない女性の使用頻度が高い薬です。性行為をしながら妊娠を望まない場合、多くの場合は男性にコンドームの使用を促します。それはコンドームではほぼ100%近い確率で精子...

生理痛緩和に布ナプキンがいいって本当? 2020年01月03日

不快な生理。下腹部痛や頭痛に加えて、ナプキンのムレが不快感を増します。そんなムレ、かぶれ解消に一役買ってくれるのが布ナプキンです。実はこの布ナプキン、生理痛緩和にも役立つということが解ってきています。経血で汚れたナプキンを繰り返し使うことに抵抗を感じる人は少なくありませんが、その着け心地や使い勝手の...

アフターピルって知っていますか? 2019年11月28日

1999年わが国でもようやく低用量ピルが解禁になりました。ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンが合成されたホルモン剤で、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを抑える働きがあります。つまり妊娠した状態を疑似的に作り出すわけで、こうすると排卵がなくなり、したがって妊娠しなくなります。このピルは低用量とあ...