• ホーム
  • 生理痛緩和に布ナプキンがいいって本当?

生理痛緩和に布ナプキンがいいって本当?

2020年01月03日

不快な生理。
下腹部痛や頭痛に加えて、ナプキンのムレが不快感を増します。
そんなムレ、かぶれ解消に一役買ってくれるのが布ナプキンです。
実はこの布ナプキン、生理痛緩和にも役立つということが解ってきています。
経血で汚れたナプキンを繰り返し使うことに抵抗を感じる人は少なくありませんが、その着け心地や使い勝手の良さを知れば、手放せなくなる人も多数います。

実際、布ナプキンに変えてから生理痛が和らいだという声も聞こえてきます。
では、紙ナプキンを布ナプキンに変えることがどのように生理痛緩和につながるのでしょうか。

まず、生理痛のメカニズムを知りましょう。
生理は、子宮が筋肉を収縮させ、剥がれ落ちた内壁の組織や月経血を外部に押し出そうとする作用によって引き起こされます。
その際、異物と認識される物が多いほど子宮の収縮活動が盛んになり、痛みが増す原因となります。

そこで紙ナプキンの成分の話です。
紙ナプキンには普通石油系の原料が使われており、その成分が生理の期間ずっと肌に密着することで体内に入り込み、子宮内で異物として認識されて収縮活動を活発にしてしまうという説があります。

その点、布ナプキンは綿など天然素材でできているため、長時間肌に接することになっても害がなく、ムレ、かぶれ防止にもなるというわけです。
中にはバラやいちごなどの植物染め、または薬効染めのものもあります。

もう一つ生理痛の主な原因となるのが冷えです。
女性はどうしてもお尻や太ももに脂肪が付きやすく、脂肪は冷えやすいという特性を持っています。
身体は寒くないのに、お尻あたりを触るといつもひんやり冷たいというのはそのためです。

紙ナプキンに使われている成分には、熱を吸収し冷ます作用のものが経血を吸収するために用いられています。
それによって下腹部が冷やされ生理痛を増してしまうのです。

布ナプキンの場合、天然素材の下着を更に一枚着ているのと同じですから、暖かい着け心地で下腹部の冷え解消になり、生理痛緩和につながります。
また布ナプキンは通気性がよく、生理時のムレによる不快なニオイ予防にもなります。

意外に簡単!布ナプキンの使い方とお手入れ方法

しかし、いつも捨てていたものを洗濯して繰り返し使うということに抵抗があるという方もいることでしょう。
そんな方も、布ナプキンのメリットについて知れば、使ってみる価値があると思うかもしれません。

布ナプキンには、ひし形タイプとプレーンタイプがあります。
ひし形は羽なし、プレーンは羽ありという感覚で使います。
多い日のために、パッドを重ねて使うこともできます。
左右には固定するためのスナップがついていてズレ防止になります。

布ナプキンの特徴は何と言っても捨てずに洗って何度も使うというところです。
つまりはナプキンの買い置きがなくて突然生理が来て焦るということがなくなります。
もちろんゴミが出ることもありません。
一年で捨てられている使い捨てナプキンは何と百億枚に迫る数字になります。
その点から見ても、布ナプキンは地球にも優しい、とてもエコなグッズと言えるでしょう。

他にも魅力的な面として、トイレの職場や学校でトイレに行く時ナプキンの入ったポーチを持ってそそくさと行く必要がありません。
生理の日でも手ぶらで楽々とトイレに行けます。

では、お手入れの仕方です。
経血は粘り気があり、さっと洗っただけでは落ちません。
ですからつけ置き洗いが必要になります。

はじめに、ぬるま湯の中で表面や内部に付いた経血を優しく押し洗いします。
ゴシゴシ洗うと縮みの原因になります。
洗面器に水とアルカリ性の洗剤を入れ、そこに4,5時間は浸け置きます。
この時点での注意点は、経血が滲み出た水などが他の人、特に子どもの手に触れないようにすることです。
これは血液を通して菌に感染しないための大切な点です。
その後もまだ多少の汚れが気になるようなら洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗います。

その後は十分に水を切り、天日干しにします。
布ナプキンは厚みがあるため、菌が繁殖しないようにしっかり乾かすことが必要です。
これらの点に気をつけていれば、布ナプキンは暖かい着け心地で生理痛緩和になり、ポーチも必要なく手ぶらで1日過ごせる、エコで楽ちんな生理週間を送る助けになってくれるお役立ちアイテムなのです。

関連記事
生理痛緩和にピルを試してみませんか?

ピルというのは性行為をして子宮内に精子が入り込んだ場合に精子が子宮に着床するのを阻害する役割があり、その高い避妊率から受精することを望んでいない女性の使用頻度が高い薬です。性行為をしながら妊娠を望まない場合、多くの場合は男性にコンドームの使用を促します。それはコンドームではほぼ100%近い確率で精子...

2019年12月17日
アフターピルって知っていますか?

1999年わが国でもようやく低用量ピルが解禁になりました。ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンが合成されたホルモン剤で、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを抑える働きがあります。つまり妊娠した状態を疑似的に作り出すわけで、こうすると排卵がなくなり、したがって妊娠しなくなります。このピルは低用量とあ...

2019年11月28日
低用量ピルマーベロンの特徴と効果

マーベロンは低用量ピルの中では第3世代に分類されており、錠剤には黄体ホルモン剤としてデソゲストレル、卵胞ホルモン剤としてエチニルエストラジオールが配合されています。1シートに21錠が封入されているタイプと、これに7錠の偽薬を加えた28錠を封入したタイプの2種類があり、生理初日から用法と用量を守って飲...

2019年11月09日
日本人向けピル、トリキュラーってどんな薬?

ピルとして使われている薬には同じような避妊効果がありますが、いくつもの種類があります。その中のひとつがトリキュラーです。トリキュラーは数多くあるピルの中でも利用者が多いということで知られています。日本人に愛用者が多く、国内の産婦人科で処方されるピルとしては最も数が多いと言われています。また、日本人だ...

2019年10月28日