• ホーム
  • 更年期障害の治療に使われるプレマリンの特徴

更年期障害の治療に使われるプレマリンの特徴

2020年02月15日

女性の体は女性ホルモンに大きく影響を受けています。
女性ホルモンには卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、バランスよく分泌されることが健康な身体の維持に必要不可欠です。

10代初め頃に初潮をむかえる女性は、その後思春期を経て成人した女性の心身となります。
妊娠、出産といった大きな出来事のすべてにこのホルモンが多大なる影響を与えています。

日本人女性の平均的な閉経年齢は約50歳と言われています。
この閉経前後の約10年間(45歳~55歳位)を「更年期」と呼び女性ホルモンが急激に減少するために様々な心身の不調を起こすことがあります。
更年期の不調が日常生活にまで支障が出るような場合、この症状を「更年期障害」と呼び多くの女性が悩んでいます。

更年期障害の治療法の一つに「ホルモン補充療法」があります。
急激に不足する女性ホルモンを補充することで「更年期」の不調の改善を目指します。

更年期障害の改善には基本的に卵巣ホルモン(エストロゲン)の投与でよいと言われますが、エストロゲンのみ補充すると不正出血や子宮がん(子宮体がん)の発生率が高まるなどのリスクがあるため、そのリスクを避けるために女性ホルモン補充治療を実施する際にはエストロゲン剤に加えてプロゲステロン剤も補充するのが一般的です。

婦人科の薬として処方される「女性ホルモン剤」には様々な種類があり、「プレマリン」もその一つです。
プレマリンは医療機関で更年期障害の治療に用いられることが多い標準的な女性ホルモン剤です。
更年期障害の症状として出やすい精神的な不調(イライラ・抑うつ感・不安感)などに大きな効果が期待できます。
また身体的不調としての動機、息切れ、倦怠感、顔のほてりなど不定愁訴と呼ばれる症状の改善薬として処方されます。

プレマリンは卵巣ホルモン(エストロゲン)剤ですので、黄体ホルモン(プロゲステロン)剤を併用するのが一般的です。

プレマリン以外にもある!ホルモン補充薬の種類

更年期外来などで治療をする際に血液検査で「エストラジオール」の値をチェックする医療機関は少なくありません。
エストラジオールは女性ホルモンである卵巣ホルモン(エストロゲン)を構成する主成分ですので、エストラジオールの値の多寡はホルモン補充療法の必要性の有無をはかるのに役立ちます。

エストロゲン剤には「プレマリン」以外にも様々なものがあり、「クリマラ」もその一つです。
どちらもエストロゲンの減少に対応し、イライラや顔のほてりなどをはじめとした更年期の様々な症状に効果が期待できます。
この二つのホルモン剤の大きな違いはプレマリンは剤でクリマラは皮膚に直接貼付する「パッチタイプ」だという点です。
シールタイプの「クリマラ」はネット通販などでも購入できますが、あくまでも医薬品であり、副作用のリスクもあるので自己判断で使用するのは危険だということを覚えておきましょう。

更年期症状は近年若年化が進み「若年性更年期」に悩む女性が増えています。
生活習慣の変化や過度のダイエット、ストレスなども若年性更年期の原因になっているようです。
若いから「更年期障害」は無縁と思っている方も、更年期障害のような症状に悩まれているならば、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

最後に、ホルモン補充療法の効果は一律ではなく、個人差があります。
使用されるホルモン剤も様々なものがあり、その処方には医師と患者のコミュニケーションが円滑であることが重要になります。
自分の症状をよく理解し医師に伝え、処方された治療薬が合わない場合はすぐに医師に相談し自分に合った治療法を医師と患者で見つけていくことが、更年期症状の改善には必要だと言えます。

関連記事
コンドームを使う目的は避妊だけではありません

性行為をすると精子と卵子が受精し、妊娠する可能性があります。そのため、妊娠を希望しないカップルの場合は避妊をしなければいけません。避妊方法として多くの人が取り入れているのが、コンドームです。男性器に装着するだけで使用することができ、手軽だと言う使い勝手の良さや、薬局などで手に入れやすいという面が人気...

2020年05月02日
バストアップも?ホルモン剤プレマリンクリームの効果

女性らしい豊かなバストに憧れている人も多いでしょう。そのような人におすすめなのがプレマリンクリームを使用するという方法です。プレマリンクリームは更年期障害などの治療に使われるホルモン剤の一種です。更年期になって卵巣の機能が低下した場合、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが十分に生産されなくなってし...

2020年03月24日
アフターピルって知っていますか?

1999年わが国でもようやく低用量ピルが解禁になりました。ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンが合成されたホルモン剤で、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを抑える働きがあります。つまり妊娠した状態を疑似的に作り出すわけで、こうすると排卵がなくなり、したがって妊娠しなくなります。このピルは低用量とあ...

2019年11月28日
生理痛緩和にピルを試してみませんか?

ピルというのは性行為をして子宮内に精子が入り込んだ場合に精子が子宮に着床するのを阻害する役割があり、その高い避妊率から受精することを望んでいない女性の使用頻度が高い薬です。性行為をしながら妊娠を望まない場合、多くの場合は男性にコンドームの使用を促します。それはコンドームではほぼ100%近い確率で精子...

2019年12月17日
大人ニキビのお悩みは低用量ピルで解消しよう

大人ニキビは思春期ニキビと違ってこまめな洗顔の徹底や市販の塗り薬などでは対処が不十分で、いったん治っても以前に発生した場所の近くに再び同じようなニキビができることが多々あります。炎症を起こして大きく腫れて膿を持つことから、つぶれてしまった場合治ってもニキビ跡が残るなど非常に厄介です。特にあごなど口の...

2020年01月20日
生理痛緩和に布ナプキンがいいって本当?

不快な生理。下腹部痛や頭痛に加えて、ナプキンのムレが不快感を増します。そんなムレ、かぶれ解消に一役買ってくれるのが布ナプキンです。実はこの布ナプキン、生理痛緩和にも役立つということが解ってきています。経血で汚れたナプキンを繰り返し使うことに抵抗を感じる人は少なくありませんが、その着け心地や使い勝手の...

2020年01月03日
低用量ピルマーベロンの特徴と効果

マーベロンは低用量ピルの中では第3世代に分類されており、錠剤には黄体ホルモン剤としてデソゲストレル、卵胞ホルモン剤としてエチニルエストラジオールが配合されています。1シートに21錠が封入されているタイプと、これに7錠の偽薬を加えた28錠を封入したタイプの2種類があり、生理初日から用法と用量を守って飲...

2019年11月09日
日本人向けピル、トリキュラーってどんな薬?

ピルとして使われている薬には同じような避妊効果がありますが、いくつもの種類があります。その中のひとつがトリキュラーです。トリキュラーは数多くあるピルの中でも利用者が多いということで知られています。日本人に愛用者が多く、国内の産婦人科で処方されるピルとしては最も数が多いと言われています。また、日本人だ...

2019年10月28日