• ホーム
  • 日本人向けピル、トリキュラーってどんな薬?

日本人向けピル、トリキュラーってどんな薬?

2019年10月28日
黄色のカプセルと葉

ピルとして使われている薬には同じような避妊効果がありますが、いくつもの種類があります。
その中のひとつがトリキュラーです。
トリキュラーは数多くあるピルの中でも利用者が多いということで知られています。
日本人に愛用者が多く、国内の産婦人科で処方されるピルとしては最も数が多いと言われています。
また、日本人だけでなく世界中で利用している人が多くとても人気がある商品です。

これだけたくさんのピルがあるにも関わらず、トリキュラーを愛用する日本人が多いということは、このピルが体質に合っているということなのでしょう。
ピルは色々な種類がありますが、効果は同じでも副作用の出やすさなどに違いがあります。
どのピルにもそれぞれに副作用がありますが、それがどの程度出るかは体質によって変わってきます。
トリキュラーは副作用が出にくいと評判が高いので、体質に合う人が多いということがわかります。

副作用には吐き気や頭痛などがありますが、体がピルに慣れてくると徐々に軽くなっていきます。
他にもむくみや不正出血という副作用もよく見られるものです。
トリキュラーは段階的にホルモン量を変えることで、体への負担を和らげてむくみや不正出血といった副作用を出にくくする工夫がしてあります。

トリキュラーに含まれている女性ホルモンはレボノルゲストレルという種類の黄体ホルモンということが特徴です。
どのピルにも女性ホルモンが含まれていますが、黄体ホルモンとしての働きをする成分が違います。
レボノルゲストレルは、それまでに使用されていた黄体ホルモンを改良したもので、第2世代のピルと呼ばれています。

トリキュラーは第1世代のピルに比べると黄体ホルモン活性が強く、卵胞ホルモン活性がないことが特徴です。
このピルを服用すると、含まれている黄体ホルモンが排卵を抑制する効果を出します。
排卵がないので、性行為をしても妊娠をすることがありません。
ピルの避妊効果は大変高く、99%ほどだと言われています。

通販でトリキュラーを手に入れる方法

トリキュラーの内服をしてみたいと思った時には、医師の診察を受けて処方してもらう必要がある薬です。
病気になっているわけではないのに、わざわざ病院にかかる必要があるということで、時間のない人には少し手間がかかります。
そういった人におすすめなのが通販でトリキュラーを購入するという方法です。

日本国内ではドラッグストアなどでピルを販売してはいけない決まりになっていますが、海外では自由に販売がされているところがあります。
そういったものを個人輸入して手に入れるという方法です。
個人輸入をするのが難しいと感じる人でも、通販サイトを利用すれば問題なく購入できます。

通販サイトは海外の商品を取り扱っていますが説明は日本語で書かれているので、国内の通販で買い物をするのと大差ありません。
注意しなくてはいけないことは個人輸入で購入するのは自分で服用をする分に限られるということです。
個人使用の場合に限って薬の輸入が認められているので、他人に売ったり譲ったりすることは禁じられています。

他に注意をする必要があることは、売られている商品がきちんとしたものであるかを確かめておくことです。
よく見ると正規品保証という保証が付いているものがあるので、そういったものを購入するようにすればリスクを最小限にできます。

また、価格が安すぎるところも何か理由があるかもしれません。
通販サイトの薬は販売店によって多少価格の差がありますが、あまりに極端に安すぎるということは、偽物の可能性もあります。
そういったことに注意して口コミなどを参考にすれば安全な通販サイトがわかるでしょう。
通販サイトを利用すればどこででも注文できますし、あとは届くのを待つだけです。

関連記事
生理痛緩和にピルを試してみませんか?

ピルというのは性行為をして子宮内に精子が入り込んだ場合に精子が子宮に着床するのを阻害する役割があり、その高い避妊率から受精することを望んでいない女性の使用頻度が高い薬です。性行為をしながら妊娠を望まない場合、多くの場合は男性にコンドームの使用を促します。それはコンドームではほぼ100%近い確率で精子...

2019年12月17日
生理痛緩和に布ナプキンがいいって本当?

不快な生理。下腹部痛や頭痛に加えて、ナプキンのムレが不快感を増します。そんなムレ、かぶれ解消に一役買ってくれるのが布ナプキンです。実はこの布ナプキン、生理痛緩和にも役立つということが解ってきています。経血で汚れたナプキンを繰り返し使うことに抵抗を感じる人は少なくありませんが、その着け心地や使い勝手の...

2020年01月03日
アフターピルって知っていますか?

1999年わが国でもようやく低用量ピルが解禁になりました。ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンが合成されたホルモン剤で、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを抑える働きがあります。つまり妊娠した状態を疑似的に作り出すわけで、こうすると排卵がなくなり、したがって妊娠しなくなります。このピルは低用量とあ...

2019年11月28日
低用量ピルマーベロンの特徴と効果

マーベロンは低用量ピルの中では第3世代に分類されており、錠剤には黄体ホルモン剤としてデソゲストレル、卵胞ホルモン剤としてエチニルエストラジオールが配合されています。1シートに21錠が封入されているタイプと、これに7錠の偽薬を加えた28錠を封入したタイプの2種類があり、生理初日から用法と用量を守って飲...

2019年11月09日