• ホーム
  • アフターピルって知っていますか?

アフターピルって知っていますか?

2019年11月28日
心配している女性

1999年わが国でもようやく低用量ピルが解禁になりました。
ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンが合成されたホルモン剤で、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを抑える働きがあります。
つまり妊娠した状態を疑似的に作り出すわけで、こうすると排卵がなくなり、したがって妊娠しなくなります。
このピルは低用量とあるように、できる限り副作用は抑えていますが、ゼロというわけではありません。
吐き気、頭痛、乳房の張りといったものを感じることがあります。
毎日決まった量を服用しなければ効果がなく、女性にとってかなり負担の重い避妊方法だといえます。

ピルの中にはモーニングアフターピルという種類のアフターピルもあります。
このモーニングアフターピルは通常のピルとは使い方が違ってきます。
通常のピルは低用量なので毎日服用する必要がありますがその代り副作用は緩やかです。
ところがこのモーニングアフターピルは、緊急に避妊する必要に迫られたときに服用するピルのことです。
避妊に失敗してしまったセックスの後などに使用するのがアフターピルです。

たとえばセックスの最中にコンドームが破けてしまった。
コンドームを使用しない性行為後が心配だ。
性犯罪でレイプにあってしまったといったケースです。
性行為後72時間以内に中・高用量のアフターピルを2錠服用し、さらに12時間後に2錠服用します。
これでかなりの確率で妊娠を避けることができます。
このアフターピルは欧米などではすでに認可されているピルです。
レイプなどの性犯罪が多い地域では女性を守るためにも仕方がないことかもしれません。

ただしこのピルは服用量が多いので副作用も強く出てしまいます。
吐き気、頭痛などです。
このため容易に使用するべきではありませんが、困った時の緊急避妊薬があることを覚えておくのも、いざという場合役に立つかもしれません。
あるいは用心のために常備しておいてもいい緊急避妊薬でしょう。

緊急用に常備しておきたい!アフターピルの入手方法

さてこのアフターピルですが、入手するためにはどうすればいいのでしょうか。
アフターピルの代表的な薬として、アイピルやレボノルゲストレルが挙げられますが、いずれも72時間以内に服用しなければなりません。
レボノルゲストレルは医師の処方が必要になりますが、アイピルは通信販売でも購入することが可能になっています。
レボノルゲストレルは保険適用外の薬ですが、現在ではジェネリック品も作られていて経済的負担も少なくなりました。

アイピルを通販サイトで購入して備えておくことができます。
多くの通販サイトでこのアフターピルを取り扱っているので、緊急避妊薬として常備しておきたい人はこれらのサイトを利用して入手しておきましょう。
価格も一錠あたり1000円以下というサイトが多数ですから、安心のために入手しておきましょう。

いずれにしても望まない妊娠というのは誰もしたくはありません。
またコンドームで避妊をしたからと言って100%避妊ができるといったものでもありません。
特に女性の場合、自分の体は自分で守っていくという考え方も重要なこととなってきます。

望んだ妊娠ならばおめでとうですが、望まない妊娠の場合はどうすればいいのでしょうか。
セックスをする以上そのことも十分に頭に入れておく必要があります。
とるべき道は二つしかありません。

一つは産むことです。
肉体的、経済的、社会的なこともあるでしょうから簡単に産むことはできないかもしれませんが、可能性があるのなら産むことです。
もう一つは人工妊娠中絶です。
いずれにしても女性の体に大きな負担がかかります。
この負担を回避することが可能になるのが、緊急避妊薬を使用するメリットとも言えるでしょう。

関連記事
コンドームを使う目的は避妊だけではありません

性行為をすると精子と卵子が受精し、妊娠する可能性があります。そのため、妊娠を希望しないカップルの場合は避妊をしなければいけません。避妊方法として多くの人が取り入れているのが、コンドームです。男性器に装着するだけで使用することができ、手軽だと言う使い勝手の良さや、薬局などで手に入れやすいという面が人気...

2020年05月02日
バストアップも?ホルモン剤プレマリンクリームの効果

女性らしい豊かなバストに憧れている人も多いでしょう。そのような人におすすめなのがプレマリンクリームを使用するという方法です。プレマリンクリームは更年期障害などの治療に使われるホルモン剤の一種です。更年期になって卵巣の機能が低下した場合、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが十分に生産されなくなってし...

2020年03月24日
更年期障害の治療に使われるプレマリンの特徴

女性の体は女性ホルモンに大きく影響を受けています。女性ホルモンには卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、バランスよく分泌されることが健康な身体の維持に必要不可欠です。10代初め頃に初潮をむかえる女性は、その後思春期を経て成人した女性の心身となります。妊娠、出産といった大...

2020年02月15日
生理痛緩和にピルを試してみませんか?

ピルというのは性行為をして子宮内に精子が入り込んだ場合に精子が子宮に着床するのを阻害する役割があり、その高い避妊率から受精することを望んでいない女性の使用頻度が高い薬です。性行為をしながら妊娠を望まない場合、多くの場合は男性にコンドームの使用を促します。それはコンドームではほぼ100%近い確率で精子...

2019年12月17日
大人ニキビのお悩みは低用量ピルで解消しよう

大人ニキビは思春期ニキビと違ってこまめな洗顔の徹底や市販の塗り薬などでは対処が不十分で、いったん治っても以前に発生した場所の近くに再び同じようなニキビができることが多々あります。炎症を起こして大きく腫れて膿を持つことから、つぶれてしまった場合治ってもニキビ跡が残るなど非常に厄介です。特にあごなど口の...

2020年01月20日
生理痛緩和に布ナプキンがいいって本当?

不快な生理。下腹部痛や頭痛に加えて、ナプキンのムレが不快感を増します。そんなムレ、かぶれ解消に一役買ってくれるのが布ナプキンです。実はこの布ナプキン、生理痛緩和にも役立つということが解ってきています。経血で汚れたナプキンを繰り返し使うことに抵抗を感じる人は少なくありませんが、その着け心地や使い勝手の...

2020年01月03日
低用量ピルマーベロンの特徴と効果

マーベロンは低用量ピルの中では第3世代に分類されており、錠剤には黄体ホルモン剤としてデソゲストレル、卵胞ホルモン剤としてエチニルエストラジオールが配合されています。1シートに21錠が封入されているタイプと、これに7錠の偽薬を加えた28錠を封入したタイプの2種類があり、生理初日から用法と用量を守って飲...

2019年11月09日
日本人向けピル、トリキュラーってどんな薬?

ピルとして使われている薬には同じような避妊効果がありますが、いくつもの種類があります。その中のひとつがトリキュラーです。トリキュラーは数多くあるピルの中でも利用者が多いということで知られています。日本人に愛用者が多く、国内の産婦人科で処方されるピルとしては最も数が多いと言われています。また、日本人だ...

2019年10月28日